破産認定を得たとき、どの程度の失うもの、デメリットが存在するのかは破産を考えてみた方にとって間違えなく開始時に知りたいデータだと考えます。続けて自己破産者が被る損について事項を並べ書きにしてみます。・役所の破産者の一覧に記述されます。※証明書を作成するための情報ですから担当者以外は見ることが無理ですし、免責の認可がされれば取り消されます。・官報上で記録される。※市販されている新聞とは違って一般の書籍店には扱われませんし通常の方達には縁のないものだろうとと言えるでしょう。・公法のライセンスの制限。※破産宣告者になったとすると法律専門家、公認会計士、司法書士、税理士などといった資格を持つ人は資格剥奪になり実務が許されなくなります。・私法における資格限定。※破産宣告者は後見人、保証人、遺言実行人になることが許されません。それだけでなく合名企業、合資で作った会社の雇用者および株式の会社、有限形式の企業の取締担当、監査担当の場合は退任要素となってしまいます。・ローンやクレジット用カードを利用することができなくなります。さらに、破産管財人が関わる事件のときは次のような制限が与えられます。・破産者自身の家財を自由に利用、排除することができなくなります。・破産管財を行う人や貸主組織の要請により回答をしなければならなくなります。・地方裁判所の許しをもらわずに居住地の変更や長期の遠征をしてはいけなくなります。・裁判所が必要と許す場合は当人が確保されるときがあります。・送付品は破産管財人に届けられることになり、破産管財人は受け取った郵便を開封権限があります。まだ書いていない自己破産者の困難に関するしばしば誤解されがちな点を箇条書きにしてみます。1戸籍謄本また住民票には載せられません。2勤め先は破産したことを原因として退職させることはできません。※基本的に破産者が伝えないかぎり勤め先に気づかれる可能性はゼロに等しいです。3投票権や選挙資格などの公民権は停止されません。4保証人ではないなら、近親者には肩代わりする責任は認められません。5最小限度の生活に必要な家財一式(パソコン、テレビなどをカウント)洋服などは差し押さえないです。破産人のデメリットをリストアップしました。破産申立をすることにより債務は帳消しになるといっても、損失も存在します。自己破産を実行する上で、効用も不便性真面目に研究した方がよいと思います。